HOME -> SEO用語解説 > 顧客と問題を考える

SEO用語解説 - こ

顧客と問題を考える

商品やサービスによっては、納品が完了したらそこで終わりというわけにはいかないものもあります。
それは、納品完了後、顧客と一緒になり問題の解決方法を考え、成果を上げなければならない業種のことです。
このようなサービスでは、一方的なサービスをするのではなく、ときには苦言も必要です。
また、伸びている部分をさらに伸ばすようなアドバイスをすることも必要でしょう。
このようなことを伝えることが出来ると、ユーザーから高評価を得られるでしょう。
「この会社はクライアントのことを考えてくれる会社だ」というような評価を得るためには、苦言や、さらに伸びることが出来るようなアドバイスが必要なのです。
そして、ユーザーの中には、顕在化していないユーザーもいます。
「サービスを申し込んで来たのだから、○○という目的を持っているはずだ」と、決めつけるのは禁物です。
顕在化していないユーザーもいますから、目的意識を引き上げることも必要になってきます。
最終的なゴールが見えていないユーザーの着地点を明確にし、その着地点に向かうためにはどのようなことをすればいいのかをアドバイスしなければいけません。
ユーザーのことを考え、ユーザーが目標にたどり着くまでの道筋を、理解しやすく伝える工夫が必要なのではないかと思います。

PAGE TOP