HOME -> SEO用語解説 > 成功に導く力があるか

SEO用語解説 - せ

成功に導く力があるか

サービスを提供している業種の場合、ユーザーは自分の言うことだけを聞いて、そして言われただけのサービスを提供されても満足してくれない場合があります。
サービスを受けたいと考えているユーザーは、導いてくれることを期待している場合が多いのです。
たとえば、教育業やコンサルティング業です。
このような業種は、結果が全てです。
合格や成功という結果が出なければ、ユーザーは納得しないでしょう。
そして、合格や成功という実績を残すことが出来ない場合、ビジネスとして成り立ちません。
そこで、大切になってくるのが成功に導く力があることを伝えることです。
たとえば、「T大学進学率80%」などの過去の実績を数値化したものです。
このような数値を見るとユーザーは、この塾には受講生を合格に導く力があるのだなと感じます。
結果が全ての業界では、成功に導く力をユーザーに伝えることが大切なのです。
一定期間クライアントと関わるサービスでは、ユーザーはどのくらいで自分が考えている結果に近づくのかを厳しく見ています。
そのようなユーザーに対して、リーダーシップを示してください。
また、サービスだけでなく、商品を扱っている場合にも、成功に導く力を求められる場合がありますから、結果が出せることをアピールすることを忘れないで欲しいと思います。

PAGE TOP