HOME -> SEO用語解説 > B2Bの支払い方法は購入者に合わせる

SEO用語解説 - ひ

このエントリーをはてなブックマークに追加

B2Bの支払い方法は購入者に合わせる

法人間取引であるB2Bの場合は、購入者側に合わせた支払い方法を用意するべきでしょう。
法人には、経理上都合の良い支払い方法というものがあります。
この都合の良い支払い方法に合わせてくれる企業というのは、法人にとって商品やサービスを購入したくなる企業です。
同じような商品やサービスを販売している会社があったとして、一方は販売者側が決めた支払い方法でしか支払えない、もう一方は購入者側の都合に支払い方法を合わせてくれる企業という場合、法人はどちらの企業を選ぶと思いますか?
商品やサービスに違いがないならば、法人は購入者側の都合に支払い方法を合わせてくれる企業を選ぶはずです。
後払いなどは代金が支払われない可能性があり、販売者側にリスクがある方法です。
しかし、目先のリスクを避けるために、本来の目的であるはずの購入してもらうというチャンスを逃してしまって良いのでしょうか。
支払いに関するリスクは、軽減する方法があります。
B2Bでは、購入者側の都合に合わせた支払い方法を提供しなければ、損をするのは販売者側になってしまいます。
リスクを軽減し、購入者側に合わせた支払い方法を提供し、購入してもらうチャンスを逃さないようにして欲しいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP