HOME -> SEO用語解説 > 遅いことはストレス

SEO用語解説 - お

このエントリーをはてなブックマークに追加

遅いことはストレス

インターネットの登場により、多くの人の「時間」に対する考え方が変化しました。
スピード感がより早くなったのです。
この結果、大多数のユーザーは「今すぐ」何かを知りたい、欲しいと感じるようになりました。
ユーザーにとっては、今すぐ様々なものを手に入れられる状態が当たり前になっているのです。
「情報が欲しい」「問い合わせをしたい」「見積もりが欲しい」「予約を取れたか知りたい」「使いたい」という欲求に対して、ユーザーは「今すぐ」と感じています。
「今すぐ○○出来る」ことがユーザーにとって重要なことなのです。
ユーザーは、このようにいつもスピードを求めています。
たとえば、電話で問い合わせするよりも、今すぐインターネット上で答えを知りたいと感じるユーザーが多いため、FAQなどから回答を得ようとします。
数値を入力するだけで情報を得ることができるフォームがあれば、すぐに答えを知ることができます。
これはインプットに対するアウトプットがゼロに近いをこと示しています。
このアウトプットが少しでも遅いと、ユーザーはストレスを感じるようになってきているのです。
「遅い」ということは、ユーザーにとってストレスを感じることなのです。
販売者側は、ユーザーに対してストレスを与えないようにする必要があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP