HOME -> SEO用語解説 > 失敗する商材選び

SEO用語解説 - し

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗する商材選び

どの商材を選ぶかは、非常に重要です。
商材選びは、サイト作りの第一歩となるものです。
良い商材を選ぶことが出来れば、ビジネスが上手くいく可能性がアップするでしょう。
しかし、失敗してしまうとビジネス自体が上手くいかなくなってしまう可能性があります。
失敗してしまう商材の選び方として考えられるものは、「他の会社で売れているもの」を安易に選んでしまうというものです。
「他の会社で売れているから、自社で売っても儲かるかもしれない」という安易な考えでいると、ビジネスは上手くいかないでしょう。
世間で売れている商材を取り扱うということは、売れる可能性のあることかもしれません。
しかし、考えてみてください。
売れる商材というのは、あなたのライバルになるであろう新規参入を狙っている企業も知っている商材だと考えられます。
また、今は知らなくても、将来知る可能性があります。
と言うことは、競争率が高くなると考えられます。
競争率が高くなれば、価格競争になったり、サービス合戦になる可能性がありますから、厳しい戦いになることが予想されます。
さらに、メーカーなどから入手した情報を利用してサイトを制作した場合、その情報は競合他社にある情報であったり、将来同じ情報でサイトが作られる可能性があります。
このようなサイトは、長続きしないことが考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP