HOME -> SEO用語解説 > 客単価の変化

SEO用語解説 - き

客単価の変化

ユーザーの購買行動の変化の結果、客単価が変わってきました。
どのように変わったのかですが、客単価が以前に比べて落ちてきています。
たとえば、今までインターネットで買い物する際は、1度で1万円以上は購入していたというユーザーがいたとしましょう。
このようなユーザーが現在、買い物をしたとすると、一体いくらくらいの購入額になると思いますか?
過去に1万円以上は購入していたユーザーも、現在は1度に数千円程度しか購入しないようになってきています。
このように、客単価は落ちてきているのです。
そして、このユーザーの購買行動の変化に、売り手も対策を講じています。
客単価が落ちてきた結果、売り手は客単価を上げる努力をするようになったのです。
しかし、ユーザーとしてはあまりお金を使いたくないから購入額を抑えているわけですから、売り手側がいくら客単価を上げようとしても上手くいかないことがあります。
こういったケースでは、客単価を上げようとするよりも、リピート買いやクチコミ買いを目指した方が良いでしょう。
ユーザーが最初に購入する際は、購入額が少なくてすむようにし、メルマガなどを利用することで、リピート買いなどに繋げることを考えて欲しいと思います。

PAGE TOP