HOME -> SEO用語解説 > 大手企業と中小企業

SEO用語解説 - お

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手企業と中小企業

中小企業の中には、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジン対策を行い、検索結果で自社のサイトを上位表示させている企業があります。
このような自社サイトのPR法は、新規参入の大手資本によるネット販売業者にとって参考になるものだと考えられます。
大手企業は、先行してネット販売を行っていた中小企業のサイトを参考にし、より洗練されたサイトを制作しました。
そして、新規参入に際し、魅力的な商品やサービスを開発したのです。
その結果、先行していた中小企業が大手企業よりも、見劣りするようになってしまいました。
さらに、ユーザーから見ると、新規参入してきた企業の商品やサービスの方が、以前からネット販売していた企業のものと比べて魅力的に見えてしまいます。
また、古いスタイルでビジネスを行っている中小企業は、3つの「り」が目立つようになっています。
「奢り」「さぼり」「守り」の3つがあっては、厳しい目を持つユーザーから支持されることはないでしょう。
検索エンジンが普及したことで、ユーザーは簡単に情報収集が出来ます。
ですから、ユーザーは、価格比較やサービス内容の比較を行ってから、商品やサービスを購入するようになっています。
中小企業が競争に勝つためには、このような厳しい目を持つユーザーに支持される必要があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP