HOME -> SEO用語解説 > 競合他社が似た条件で販売しているケース

SEO用語解説 - き

競合他社が似た条件で販売しているケース

オープンしたばかりのあなたのサイトの商品やサービスが売れない場合、他社のサイトを調べてみてください。
競合他社のサイトに、あなたのサイトで扱っている商品やサービスがありませんか?
もし、同じような商品やサービスがあった場合、そのサイトで商品やサービスがどのように販売されているかチェックしてみましょう。
似たような条件で販売されている場合は、あなたのサイトの商品やサービスに影響が出ることが考えられます。
ユーザーの立場に立ってみるとわかりますが、商品やサービスが同じか似ているものを、同じような販売条件で他社が販売していた場合、ユーザーはオープンしたてのサイトよりも、有名企業や実績のある企業から購入したくなります。
オープンしたばかりのサイトや規模が小さいサイト、実績があまりないサイトなどが商品やサービスを売るためには、競合他社との違いを打ち出さなければならないでしょう。
商品そのものの差別化、サイトに掲載する情報の差別化、商品提供の仕方の差別化など、他社との違いを出していってください。
ユーザーが有名企業や実績のある企業よりもあなたのサイトを選びたくなるような商品やサービス、掲載情報などが必要でしょう。

PAGE TOP