HOME -> SEO用語解説 > 登録先の将来性を考える

SEO用語解説 - と

登録先の将来性を考える

相互リンクを出来ないサイトの運営者は、リンク先を増やすために、自動リンク集や自動登録型検索エンジンへ登録することも重要になってきます。
その際には、CGI形式のページではなく、HTML形式のページを選ぶことがポイントです。
そして、PageRankが高いページからリンクを張ってもらうことも大切なことです。
しかし、現在のPageRankだけを見て登録を考えるのは、もったいない考え方です。
現在、PageRankが高いページだけを選んで登録していくという考え方は、サイトのPageRankを高めようと思ったときにはマイナスになります。
登録先を選ぶ際には、登録先の将来性も考えて欲しいと思います。
PageRankは一度決まると二度とかわらないというものではありません。
サイト管理者の努力によって、PageRankが上がる可能性があります。
今はPageRankが低くても、将来的にはPageRankが上がるかもしれないのです。
自動リンク集や自動登録型検索エンジンへ登録する際には、現在のPageRankだけを考えるのではなく、将来のPageRankも考えてください。
今はPageRankが低くても将来PageRankが高くなれば、あなたにもメリットがあります。

PAGE TOP