HOME -> SEO用語解説 > タイトルタグに入れるべきもの

SEO用語解説 - た

タイトルタグに入れるべきもの

Googleは、タイトルタグを最初に認識します。
タイトルタグはGoogleがページの内容を理解するために、重要な手がかりになるものです。
このように、Googleが最初に認識し、重要な手がかりとなるタイトルタグはおろそかには出来ないものでしょう。
まず、タイトルタグが何かということですが、ブラウザでページを見た際に一番上に表示されるもので、ページのタイトルを書く部分になります。
見込み客が検索に使うキーワードを予想し、必ずこの部分に記述して欲しいと思います。
キーワードは、複数の単語で構成されたフレーズや、キーワードを含んだ文章が良いでしょう。
次に文字数ですが、文字数の理想は20文字未満です。
しかし、たくさんのキーワードを使いたい場合もあります。
上位表示を狙っているキーワードがいくつもある場合には、キーワードをたくさんいれる必要がありますから、このような場合のタイトルタグは40文字くらいまでにしましょう。
タイトルタグは、Google SEO対策上貴重な箇所になります。
この部分に会社名など入れるのはもったいないですから、上位表示を狙っている重要だと思われるキーワードを入れるようにしてください。
そして、各ページにタイトルタグを入れるようにしましょう。

PAGE TOP