HOME -> SEO用語解説 > HTMLページを増やす

SEO用語解説 - え

HTMLページを増やす

Google SEO対策で大切なことは、Googleが認識出来るサイトを作ることです。
テキストはGoogleが認識出来るものですから、このテキストを含んだページを増やすことが大切なことになるでしょう。
具体的には、文字を含むことが出来るファイルを増やすことです。
それは、HTMLファイルを増やすと言うことです。
まず、HTMLファイルがどんなものかですが、HTMLファイルは文字を含むファイルで、拡張子で見分けることが出来ます。
「.html」「.htm」のどちらかがHTMLファイルになります。
サイトを作るときには、データベースから情報を引き出し、自動的にページを作るというHTMLファイル以外の「.cgi」「.php」などの形式で作ることも出来ます。
しかし、これらのファイル形式は、Googleからのページ認識度が低い、Google SEO対策上不利なファイル形式です。
あなたのサイトに不利な形式のページがたくさんあった場合、Googleは「このサイトは情報が少ない」と考えるため、上位表示されにくくなってしまうのです。
上位表示を狙うなら、不利な形式のページを増やすより、サイトを構成する基本のファイル形式とも言えるHTMLファイルを使ったページを増やす方が良いでしょう。

PAGE TOP