HOME -> SEO用語解説 > Googleはメタタグに依存しない

SEO用語解説 - く

Googleはメタタグに依存しない

ロボット検索エンジンがメタタグに騙され、検索するユーザーが望んでいるページが上位表示されなくなったことで、新しく登場した検索エンジンのGoogleが注目を浴びるようになりました。
Googleは、それまでのロボット検索エンジンとは違い、メタタグの弱点を考えた検索エンジンだったため、ユーザーはGoogleに流れて行くようになったのです。
では、Googleではメタタグをどのように扱うようにしたのでしょうか。
Googleが行ったことは、簡単なことでした。
メタタグの中に書かれている情報を重要視しないようにようにしたのです。
メタタグの弱点を知っていたから、メタタグの中の情報を重要な情報と考えないような作りにしたのでしょう。
Googleでは、メタタグに重きを置かず、本文の補足情報程度として捉えています。
ですから、メタキーワードについては無視しています。
これが、Googleでのメタタグの扱いです。
しかし、メタディスクリプションというページの要約文を入れるメタタグは認識するように出来ているので、メタディスクリプションだけはページに入れておいた方が良いでしょう。
Googleはメタタグに依存していないので、メタタグに頼っていてはいけないのです。

PAGE TOP