HOME -> SEO用語解説 > メタタグとは

SEO用語解説 - め

メタタグとは

サイトを制作していると、メタタグというものが出てきます。
では、このメタタグとは、どんなものなのでしょうか。
メタタグというのは、Google向けのメッセージ欄のようなものだと考えることが出来ます。
ブラウザを使ってサイトを見たときには、メタタグは人間の目には見えません。
これを人間の目で見えるようにするには、ソースを表示する必要があります。
通常、ユーザーはブラウザだけでサイトを見ていますから、メタタグを使えば、ページの表面上にはない言葉を、Googleにこっそりと伝えることが出来ます。
ブラウザには表示されない言葉で、ページの内容や紹介文、キーワードなどをGoogleに伝えることが出来るというわけです。
メタタグには、メタキーワードと呼ばれるものと、メタディスクリプションというものがあり、メタキーワードにはキーワード、メタディスクリプションにはページの要約文を入れます。
Googleが登場する前まで人気のあったロボット検索エンジンのほとんどは、このメタキーワードとメタディスクリプションを重要な情報だと認識していました。
しかし、メタタグを重要な問題だと認識した結果、検索結果の質が悪くなるという問題が起きてしまいました。

PAGE TOP