HOME -> SEO用語解説 > 画像にalt属性をいれる意味

SEO用語解説 - か

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像にalt属性をいれる意味

Google SEO対策をするなら、画像にはalt属性を入れましょう。
alt属性は代替テキストとも呼ばれているもので、Google SEO対策をするなら、このalt属性は必ず入れて欲しいものです。
これは、Googleが画像そのものを読み込んでくれないからです。
Googleはテキストのリンク以外にも、JPG、GIF、PNGといった画像のリンクも認識することが出来ます。
しかし、画像そのものは読み込んでくれないのです。
ですから、Google SEO対策の効果を上げるためにも、画像をリンク化して、代替テキストを入れる必要があるのです。
Googleは、代替テキストとFlash内のテキストを理解してくれますから、Googleに対して使用している画像やFlashがどのような内容のものであるかをテキストで教えてあげることで、SEO対策の効果が上がるのです。
Googleがなにを理解し、なにが理解出来ないかを考えることが、SEO対策では大切になります。
SEO対策の効果を上げるためにも、Googleが理解してくれるものを考え、Googleに対してページがどのようなものであるかを上手に説明して欲しいと思います。
画像にalt属性を入れることも、Googleが理解しやすいページを作るために必要なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP