HOME -> SEO用語解説 > ウリウリにならない雰囲気

SEO用語解説 - う

ウリウリにならない雰囲気

サイト名を考える際に気をつけることは、上位表示を狙っているキーワードを含めることです。
そして、顧客が「役に立ちそうだ」「便利そうだ」と連想するようなサイト名にする必要があります。
「育毛剤販売センター」のようなウリウリのサイト名よりも、「育毛剤入門」というようなサイト名にすると、「役に立ちそうだ」「便利そうだ」という雰囲気になり、イメージアップに繋がります。
このようなイメージになるようなサイト名にすることによってまず考えられることが、他人がリンクをしたくなる心理になることでしょう。
サイト名を役立ちそうな雰囲気のものにすることが、Google SEO対策上で重要なリンクを増やすことに繋がるのです。
さらに、検索画面にあなたのサイト名が表示された際、ユーザーがクリックしたくなることが考えられます。
社名が表示されたり、ウリウリのサイト名が表示されるより、役に立ちそうな雰囲気のサイト名の方が、ユーザーは情報を求めてクリックしたくなるでしょう。
検索結果で上位表示されることは大切なことですが、ユーザーがクリックしてくれないのなら、いくら上位表示されても意味がないのです。
上位表示され、クリックしたくなるようなものである必要があります。

PAGE TOP