HOME -> SEO用語解説 > 顧客の声に耳を傾ける

SEO用語解説 - こ

顧客の声に耳を傾ける

キーワードを考える際に、忘れてはならないことが顧客の声に耳を傾けることです。
顧客から直接ヒントを掴むことは高度な方法になりますが、ビジネスが出来る人というのは、顧客や見込み客が何を欲しがっているかという深層心理を正確に掴むことが出来るものです。
たとえば、問い合わせメールから顧客の声を聞くことが出来ます。
質問や商品リクエスト、苦情など、様々な形の問い合わせメールがあるはずです。
これらのメールを見返すことは、大切なことです。
見返してみることで、たくさんのキーワードが見つかる可能性があります。
そして、見返すだけではなく、顧客からの質問や苦情といった問い合わせメールの内容を日報などに記録することが大切です。
メールだけではなく、電話などでの問い合わせについても記録しましょう。
もちろん、あとからキーワードを探すために読み返してみることも忘れてはいけません。
これは、企業に蓄積されたデータの中から商売のタネになるものや、業務改善のヒントを見つけるというデータマイニングのアナログ版と言えるものです。
データマイニングソフトをお金をかけて購入するのも良いかもしれませんが、人に聞くことは無料ですから、見込み客になりそうな人や、中立的な立場の人に、商品の検索キーワードをストレートに聞くというのも有効な方法の一つです。

PAGE TOP