HOME -> SEO用語解説 > 5W1Hを考える「注意点」

SEO用語解説 - こ

5W1Hを考える「注意点」

5W1H形式でキーワードを考える際に、注意して欲しいことがあります。
それは、ユーザーが考え、入力するキーワードというのは、多種多様なものがあるということです。
たとえば、「携帯電話」について考えてみましょう。
「携帯電話」は、「携帯電話」と入力する人もいれば、「携帯」と入力するユーザーもいることが考えられます。
さらに、「ケイタイ」や「ケータイ」と入力する人がいる可能性も忘れられません。
他にも「産地直送」なら、「産地直送」以外に「産直」や「サンチョク」というキーワードで検索するユーザーがいるかもしれないということです。
このように、ユーザーが様々なバリエーションで検索する可能性を考え、自分のページの本文、タイトルタグ、メタタグに、短縮系、俗語形式、ひらがななど複数のキーワードを巧みに使用する必要があります。
「不用品」は「不要品」、「インテリア」は「内装」、「Yahoo!」は「ヤフー」、「PC」は「パソコン」など、様々なバリエーションを考えることが大切です。
自分が検索するつもりで、キーワードのバリエーションを考え、複数のキーワードを上手く本文などに使用することが、5W1H形式を利用する際のポイントになるのではないかと思います。

PAGE TOP