HOME -> SEO用語解説 > 5W1Hで見つけるキーワード

SEO用語解説 - こ

5W1Hで見つけるキーワード

キーワードを見つけるには、商品ジャンルやサービスジャンル、問題や悩み系キーワード、欲望系キーワードなどから探す方法があります。
しかし、もっとたくさんのキーワードを比較的体系的に探したいと考えている場合には、5W1Hの形式で考える手法がぴったりです。
1.誰が(Who)、2.何を(What)、3.どこで(Where)、4.いつ(When)、5.誰のために(ここではWhyではなく「Whom」になります)、6.どんな(How)という5W1Hの形式で考えることにより、キーワードを見つけやすくなるのです。
たとえば、「父はゴルフのために、10月に軽井沢へ車で出かけることになっている」といった文章を見てみましょう。
5W1Hを使えば、この文章の中から「父」「ゴルフ」「軽井沢」「10月」「車」というキーワードを簡単に見つけることが出来ます。
順番は、上記のものに限る必要はありません。
5W1Hが入っていれば、どんな順番でもキーワードを抜き出すことが出来ます。
これは非常に簡単な方法でありながら、キーワードをたくさん見つけることが出来る方法です。
この方法をSEO対策に活かすことによって、キーワードが簡単に見つかるようになります。

PAGE TOP