HOME -> SEO用語解説 > キーワード「欲望系」

SEO用語解説 - き

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード「欲望系」

「簡単」「激安」「美味しい」「格安」といったキーワードから、何がわかると思いますか?
このようなキーワードを入力するユーザーは、「色々なものが欲しい!」「もっと楽をして豊かな生活をしたい!」といった欲望や願望、気持ちを持っているユーザーだと言うことが出来ます。
このような欲望系のキーワードを連想するタイプのユーザーには、キーワードの入力パターンというものがあります。
それは、「おいしい チーズケーキ」「激安 デジタルカメラ」「うまい ラーメン」といったように、主体となる連想するキーワード(名詞)の前に、欲望系のキーワードをつけるというパターンが多いのです。
キーワードには様々なものがありますが、このような欲望系のキーワードを考えてみることも大切です。
欲しいという気持ちから欲望系キーワードを入力すると考えられますから、欲望系キーワードを入力するユーザーは、購入する確率の高いユーザーと言えると思います。
人が持っている欲望や願望、気持ちに訴えかけるようなキーワードを考えることが、欲望系キーワードを考えるコツになります。
より多くの目標キーワードを見つけるためにも、欲望系キーワードを考えてみることを忘れないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP