HOME -> SEO用語解説 > 買う気のある見込み客が考えるキーワード

SEO用語解説 - か

このエントリーをはてなブックマークに追加

買う気のある見込み客が考えるキーワード

SEO対策で言うところのキーワードが、どんなものかわかるでしょうか?
一般的に、ネット上で販売している商品を購入したり、サービスを利用したりというような、明らかに商品を購入したいと考えている人や、サービスを利用する可能性が高いと思われる人が連想するキーワードのことになります。
購入や利用の可能性の高い人が商品やサービスから連想して、Googleの検索ワード入力欄に入れる文字がSEO対策で言うところのキーワードなのです。
ほとんどの場合で、このキーワードは「単語」「複数の単語からなる語」「文章」になります。
たとえば、家庭教師紹介所を探している人のことを考えてみてください。
大抵の人は、家庭教師と検索ボックスに入力するでしょう。
エステティックサロンで脱毛したいと考えている人ならば、「エステ 脱毛」といった具合に2つのキーワードで検索することが考えられます。
何かを検索しようとしたとき、ユーザーは自分が欲しいと思っている商品やサービスのイメージの断片からキーワードを導き出します。
イメージの差はあるでしょうが、普遍的なものもあります。
SEO対策でキーワードを考える際は、購買意欲や利用意欲のあるユーザーが考えるようなキーワードを自分で想像してみることが大切でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP