HOME -> SEO用語解説 > PageRankは内申書のようなもの

SEO用語解説 - へ

PageRankは内申書のようなもの

Googleの検索結果ページは、PageRankが高い方が上位表示されるという傾向があるのですが、実際の検索結果では、PageRankが低いページの方が高いページよりも上位に表示されることがよくあります。
このことから、PageRankだけが検索結果の順位を決定する要素ではないと考えることが出来ます。
Googleの検索結果の表示順位決定には、PageRank以外にもいくつか重要な要素があるのです。
しかし、PageRankも検索結果に関わるものです。
ですから、PageRankを高くするということはとても重要なことです。
PageRankは内申書のようなもので、普段からPageRankを高める努力をすることは非常に大切です。
受験の際、内申書の評価だけで試験の合否が決まるわけではありませんが、内申書の評価が高ければそれほど試験で無理をしなくても、しっかり勉強さえしておけば試験に通りやすくなるという傾向があります。
これと同じで、Googleの検索結果で上位表示させるためには、PageRankを高める努力を忘れるわけにはいきません。
検索結果の順位を決定する要素がPageRankだけではないと言って、PageRankをおろそかにしてしまうことは良くないことでしょう。

PAGE TOP