HOME -> SEO用語解説 > 削除のパターン「国内法規に触れる内容の追加」

SEO用語解説 - や

削除のパターン「国内法規に触れる内容の追加」

Yahoo!カテゴリは登録された後でも、不適切と考えられるサイトは削除されます。
審査料金を払って登録されても、予告なしに削除されることがあるのです。
削除されるパターンの一つに、国内法規に触れる内容を追加した場合というものがあります。
これは、カテゴリ登録後に追加した新しい文章に、薬事法など国内法規に触れる内容があった場合に問題になってくるので、美容、健康ジャンルのサイト運営者に特に大きく関係してくるものでしょう。
たとえば、利用者の声のページに「腰の痛みが和らぎました」などという記述があった場合なのですが、それが法に触れるものであったときはカテゴリ登録が削除される可能性があります。
そして、カテゴリ登録が削除されたからといって「あのサイトも違法だ!」と、他に同じように法に触れる内容を掲載しているサイトと比較して、自分のサイトの登録削除をなかったことにしようとしても、それは通らないのです。
Yahoo!カテゴリに登録した後も、登録申請しているときと同じように、追加した内容が国内法規に触れる内容ではないかチェックすることが大切でしょう。
法に触れることを書けば、登録が削除される可能性があることを忘れないで欲しいと思います。

PAGE TOP