HOME -> SEO用語解説 > コンテンツ重複例

SEO用語解説 - ひ

コンテンツ重複例

ビジネスエクスプレスを利用して、すでにサイトをYahoo!カテゴリ登録している場合、次に登録するサイトはコンテンツが似ないように気をつけなければいけません。
それは、コンテンツ内容が重複しないように徹底しなければ、Yahoo!カテゴリに登録されないからです。
しかし、どのようなサイトが重複性が問題になるのでしょうか。
ここで、審査に落ちやすいパターンを考えてみたいと思います。
登録済みのサイトが建築会社のサイトで、住宅建設について解説しているサイトだったとしましょう。
このとき、社長が住宅建設論や日々の生活を綴ったブログを作り、新しく登録しようとすると、審査に落ちやすくなります。
これは、どちらもテーマが住宅建設に関係したものだからです。
では、これではダメだと「自然素材を使った住宅」についてのサイトを作ったとします。
しかし、これも内容が重複していると判断される可能性が高いです。
住宅建設を扱っているサイトに、自然素材を使った住宅に関しての情報がたくさんあれば、同じようなサイトに見えてしまうでしょう。
このような場合は、「リフォーム相談室」のような最初に登録したサイトにない情報をテーマにしたサイトを作ることが大切です。

PAGE TOP