HOME -> SEO用語解説 > 仮説、実行、検証が上手くいった場合

SEO用語解説 - か

仮説、実行、検証が上手くいった場合

商品やサービスをリニューアルする際には、「仮説」「実行」「検証」の3ステップが大切です。
この3ステップは、失敗を成功に変えるステップです。
リニューアルに失敗しても、失敗を「仮説」「実行」「検証」の3ステップで成功に変えることが出来ます。
仮説を立て、その仮説を実行し、結果を検証することで失敗の原因がわかり、成功に近づくのではないかと思うのです。
この3ステップで1つのビジネスが成功したら、次は見込客が検索しそうなキーワードを考えてください。
一つではなく、キーワードをいくつも予測しましょう。
そして、そのキーワードにあったジャンルの専門サイトを制作します。
こうしてキーワードを予測し、専門サイトを作っていくなかで、お客様が支持するジャンルを探してください。
お客様が支持するジャンル、商品、サービスがわかっていれば、今までのビジネスよりも高確率で成功できるはずです。
もし、成果が上がらなかったビジネスがあれば、そのビジネスから撤退することも大切です。
失敗を成功に繋げ、新しいサイクルを作り出すことが、ネット起業に成功するプロセスなのではないでしょうか。
失敗を恐れずに、あなた独自のビジネスモデルを構築し、ネット起業に成功して欲しいと思います。

PAGE TOP