HOME -> SEO用語解説 > 起業ジャンルと商材がネットに適しているか見直す

SEO用語解説 - し

起業ジャンルと商材がネットに適しているか見直す

商材が売れない場合は、サイトが売れないサイトになっていないかをチェックし、改善します。
しかし、サイトを改善しても商材が売れない場合、今度は商材を見直さなければいけません。
そこで、起業ジャンルや商材に対する関心、経験や資格、将来性についてチェックするのですが、これもクリアしているのに商材が売れないこともあるでしょう。
そんなときは、次の点を再度チェックしてみる必要があります。
「粗利が十分取れる」「リピートが期待出来る」「近所で買えない買い回り品や趣味の品」「詳しい情報が購入には必要」「コンピュータ、インターネット関連」「オフィスで働く人が欲しがる」「ネットビジネス用」「カタログやテレビで大手通販会社が販売中」という点です。
ネットに適した商材でなければ、ネットでは売れにくいものです。
あなたの商材がネットで販売するための条件を満たしているかをチェックして、どれにも当てはまらない場合は商材を見直した方が良いでしょう。
しかし、ネットでの販売に適した商材を選んでいるのに売れないといった場合は、「購入に対するリスクが大きい」「インパクトがない商品名」「オリジナリティがない商品」といった原因が考えられます。

PAGE TOP