HOME -> SEO用語解説 > 商品やサービスへの不安

SEO用語解説 - し

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やサービスへの不安

通常、商品の詳細を知りたいと考えて、商品の詳細を説明しているページへ繋がっているボタンをクリックすれば、そのサイト内の商品説明ページに行くはずです。
しかし、商品について説明しているページがサイト内のページではなく、他社だった場合、ユーザーはどう考えるでしょうか。
他社のサイトへ行くということは、サイト内にコンテンツがないから、他社の説明を利用しているのではないかと考えるユーザーがいるのではないかと思います。
実はリンク先の他社ページは、元のサイトのダミーページなのではないかと考えるユーザーもいるかもしれません。
どちらにせよ、商品説明だけ他社のページだった場合、ユーザーはサイトに対して不信感を持つことでしょう。
サイトに不信感を持ったユーザーは、そのサイトから商品やサービスを買うことはないと考えられます。
たとえ誠実にサイトを作ったのだとしても、ユーザーにそれが伝わることはないでしょう。
ですから、他社の商品詳細を利用するのではなく、商品やサービスについて説明する商品説明のページをサイト内に作ってください。
ユーザーに不信感を与えないためには、サイト内で商品やサービスについてわかりやすく解説する必要があると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP