HOME -> SEO用語解説 > サイトの見やすさと使いやすさ

SEO用語解説 - み

サイトの見やすさと使いやすさ

サイトは、書いてある内容がわかりやすく、理解しやすいだけでは、ユーザーにとって使いやすいサイトとは言えません。
サイトのテーマに関する知識が少ない人にもわかりやすい内容になっていても、サイトが見にくいものであったら、せっかくの情報を読んでもらえないことになってしまうでしょう。
情報量がありすぎてかえって見にくくなっていたり、ナビゲーションメニューに項目がありすぎるなど、サイトがゴチャゴチャしてわかりにくいものになっていませんか?
いくらボリュームのあるサイトでも、サイト内の情報が整理されていないと見にくく、わかりにくいサイトになってしまいます。
ユーザーにとって見にくいサイトは、ビジネスエクスプレスの審査に通りにくいサイトです。
そして、ユーザーにとって使いにくいサイトです。
ユーザーが行きたいページに行くことが出来ない、メニューがわかりにくい、どこに何があるのかわかりにくいというようなサイトにならないように気をつけてください。
情報が整理されていないサイトというのは、わかりにくいものです。
あちこちに情報が散らばっているまるで散らかった部屋のようなサイトより、整理整頓された部屋のようなすっきりとしたサイトの方が使いやすいサイトだと思います。
ぜひ、ユーザーにとって使いやすいサイトを作ってください。

PAGE TOP