SEO用語解説 - や

薬事法

健康や美容に関係した物販サイトやサービスのサイトを制作した際に問題になりがちなものが薬事法です。
薬事法に触れる記述がないかという点は、特にビジネスエクスプレスの審査で問題になりやすいものです。
では、薬事法に触れない記載とはどのようなものなのでしょうか。

・効果や効能を謳ってはいけません。
・薬を思わせるような記述をしてはいけません。
・腰痛、がんなど病状や病名を記述してはいけません。
・効果があると断定するような断定調の文体を使ってはいけません。
・医療行為を連想させるような記述をしてはいけません。

簡単に説明すると、このようなものになります。
健康や美容に関係した物販サイトやサービスのサイトは、商品やサービスを説明する際には、薬事法に触れないような表現にしなければいけません。
たとえば、効果や効能を謳っているのなら、その部分を薬事法に触れない別の表現に変える必要があります。
商品やサービスを販売するために、つい効果や効能を謳ったり、効果があると断定してしまいたくなるものですが、薬事法に触れる記述はしないようにしてください。
気がつかずに薬事法に触れるような表現をしている場合もありますから、しっかりサイトをチェックして欲しいと思います。

PAGE TOP