HOME -> SEO用語解説 > 特定商取引法に基づく表記

SEO用語解説 - と

特定商取引法に基づく表記

商品やサービスを販売してるサイトというのは、必ず特定商取引法に基づく表記を記載すると決まっています。
社名、代表者名、連絡先、返品条件、振込料金、送料といった情報は、誰でも知りたい情報ですから、商品やサービスを購入してもらう為にも記載すべき情報でしょう。
ユーザーが知りたいと考えるものをサイトに載せることは、信頼を得ることに繋がります。
そして、ユーザーに安心感を与えるでしょう。
ユーザーが知りたい情報がサイトに載っていなければ、その欠けている情報のせいでユーザーからの信頼や安心を失ってしまう可能性があります。
特定商取引法に基づく表記をすることは当然のことですし、最低限のことと言うことも出来ると思います。
ユーザーが知りたい情報をサイトに載せていくことは、信頼や安心を増すことになりますから、常にユーザーが何を知りたいと思っているのか考えることが大切なことでしょう。
ユーザーの目線に立ち、ユーザーが何を考えているのか、何を知りたいと思っているのかを探り、分析していくことが成功するために必要なことだと思います。
ユーザーあってのビジネスですから、ユーザーを置き去りにしないようなサイト作りをして欲しいと思います。

PAGE TOP