HOME -> SEO用語解説 > プロフィールや写真の掲載に問題がある場合

SEO用語解説 - し

プロフィールや写真の掲載に問題がある場合

見込客から信頼されるためには、商材に関する経験や資格など、見込客が信頼したくなるような情報が盛り込まれたプロフィールを載せる必要があります。
売り手のことがダイレクトに伝わる写真も重要です。
プロフィールや写真といった情報から、見込客は売り手がどのような人物かを知ることができます。
そして、それが信頼に繋がります。
もちろん、プロフィールには実名も必要です。
名前が書いていなければ、名前も書けないような売り手なのかと見込客は不安になってしまいます。
しかし、誰もがこのようなプロフィールや写真を掲載出来るわけではないでしょう。
会社に勤めている間にサイトを開設した場合は、実名や写真を掲載出来ない場合があります。
ですが、実名や写真を掲載しないことは、信頼感を得るというポイントにおいてマイナスになることです。
そこで、このような場合は、あなたのかわりに奥様の名前を掲載するという方法があります。
顔写真は、サイトのマスコットキャラクターなどで代用することが出来るでしょう。
大切なことは、実名や写真のかわりになるパーソナリティーを演出できる方法を考えることです。
もちろん、会社をすでに辞めている場合は、実名や写真を公開することをお勧めします。

PAGE TOP