HOME -> SEO用語解説 > Yahoo!検索の以前の検索結果画面

SEO用語解説 - や

このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!検索の以前の検索結果画面

現在のYahoo!検索の検索結果画面と以前の検索結果画面は違っています。
以前は、1番上にYahoo!サービスとの一致、2番目にスポンサーサイト、3番目にYahoo!カテゴリ登録サイトとの一致、4番目にページとの一致という順番で検索結果が表示されていました。
このことからもわかるように、以前のYahoo!検索のウェブ検索結果ページは、Yahoo!カテゴリ登録サイトが優遇されていました。
検索すると、Yahoo!カテゴリ登録サイトが優先的に表示されていたのです。
検索結果画面上部に「Yahoo!登録サイトとの一致」があり、そこにYahoo!カテゴリ登録サイトが表示されていたため、この部分に表示されたサイトには多くのユーザーが訪れていました。
サイトが検索エンジンの検索結果上部に表示された場合と、下部や2ページ目、3ページ目に表示された場合では、集客力が大きく変わります。
上部に表示されるほど集客力が高く、サイトに人が訪れる確率が高くなります。
ですから、Yahoo!カテゴリ登録サイトが優先的に検索結果に表示されていた時代は、Yahoo!カテゴリ登録サイトがとても得だったのです。
しかし、現在は「Yahoo!登録サイトとの一致」という部分がありませんから、注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP