HOME -> SEO用語解説 > ライバルに勝つためにページを増やす

SEO用語解説 - へ

ライバルに勝つためにページを増やす

検索エンジンで上位表示されるためには、ページに目標キーワードを記述しなければいけません。
しかし、特定のページに目標キーワードを使用し、キーワードを増やしたところで、ライバルがあなたよりもキーワードをたくさん使っていればライバルに負けてしまいます。
ホームページ全体に目標キーワードを使用し、たくさんのキーワードを使っても、ライバルのホームページ全体の目標キーワード数の方があなたよりも多ければ、検索エンジンで上位表示されにくいのです。
しかし、キーワードをライバルよりもたくさん使いたいと思っても、使えるキーワード数には限りがあります。
あなたのホームページが20ページあり、1ページ中にキーワードを10回程度使用できる場合を考えてみると、あなたのページ全体で約200個のキーワードを使用出来るということになります。
ライバルのホームページが50ページあり、1ページ中に8回程度キーワードが使える場合は、ライバルは合計で約400個のキーワードを使用出来る計算になります。
1ページ中のキーワードはあなたの方が多いです。
ですが、全体で見れば、ライバルの方がキーワード数が多くなります。
このように、いくら1ページ中のキーワード数がライバルに勝っていても、全体で負けていると上位表示は難しいため、ページをどんどん増やしていく必要があります。

PAGE TOP