HOME -> SEO用語解説 > キャプションとして目標キーワードを記述する

SEO用語解説 - も

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャプションとして目標キーワードを記述する

photos.png

上位表示を狙って、見出しや本文中に目標キーワードを含めようとした結果、ページがわかりにくく、読みにくいページになってしまうことがります。


見出しや本文中に記述するキーワードの割合が正しくても、読みにくいページでは見込客が訪れた際に敬遠されてしまう可能性があります。


誰でも読みやすく、わかりやすいページの方を好むはずです。


目標キーワードを記述して上位表示されても、見込客が違和感を持ったり、読みにくいと感じてしまったら信頼を得ることは出来ないでしょう。


そこでして欲しいことが、写真の下にキャプション(説明文)を入れることです。

キャプションとは写真・図版に添えられた説明文のことを言います。


《キャプションの例》

caption.png


もちろん、ただ説明文を入れればいいというものではありません。

キャプションの中に、目標キーワードを記述する必要があります。


文章だけに目標キーワードを記述した場合、不自然な感じになってしまうことがありますが、文章以外の部分にもキーワードを散りばめることで自然な雰囲気を出すのです。


商品写真を掲載したなら、その下に商品についての説明を書きましょう。
そして、その説明の中に目標キーワードを記述しましょう。
そうすることで、読みやすいページになります。


よくSEOの内部対策として画像のALT属性に文字を入れるという手法があります。確かにこれもページ内に文字を増やす手段ではあるのですが、画像の下に記述してユーザーにも見えるキャプションのほうが上位表示に遥かに効き目があります。


キャプションに意識的に、しかし自然に目標キーワードを記述するように気をつけてください。


【関連情報】

忘れたページがあなたのサイトの順位を下げる!?検索上位表示の盲点


このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP