HOME -> SEO用語解説 > 本文中に目標キーワードを記述する

SEO用語解説 - も

このエントリーをはてなブックマークに追加

本文中に目標キーワードを記述する

検索エンジンは、昔に比べると進化しています。
しかし、進化することは良いことばかりではありません。
検索エンジンが進化して賢くなった結果、昔なら高く評価されていた行為が、今は高く評価してもらえないということになっています。
ページヘッダーや見出しにキーワードを入れるという行為は、現在では昔ほど高い評価が得られない行為になっています。
これは、検索エンジン対策のテクニックが広まってしまった結果でしょう。
出回ったテクニックを一部の人たちが乱用したことが、ページヘッダーや見出しにキーワードを入れる行為が高い評価を得られなくなった理由だと思われます。
ですから、本文中にも目標キーワードを入れるというテクニックを使い、上位表示を目指しましょう。
しかし、本文中に目標キーワードを書くといっても、たくさん書けばいいというものではありません。
目標キーワードを入れる割合には目安があります。
その目安とは、ページ全体の5パーセント前後です。
本文中にキーワードを記述する場合には、この目安を守るようにしてください。
キーワードというのは、この数値を超えれば超えるほど書き込みすぎだと判断されてしまうのです。
書き込みすぎだと判断されると、順位が落ちてしまう可能性が高くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP