HOME -> SEO用語解説 > ニッチなキーワードを利用する

SEO用語解説 - き

ニッチなキーワードを利用する

ニッチで将来性のあるキーワードを見つけても、そのキーワードに関する商材を販売することが出来なければビジネスになりません。
こういった場合には、違った方法でニッチなキーワードを利用することになります。
中国語の翻訳サービスを行いたいけれど中国語の翻訳をすることが出来ないという場合には、あなたはクライアントから業務を受注する側に回ります。
そして、あなたが受注した業務を外部の翻訳者に行ってもらうのです。
これなら、同じキーワードを利用して、利益を得ることが出来ます。
さらにキーワードを分析すれば、新しい商材を見つけることも可能です。
たとえば、キーワードの分析を行った結果、中国語の翻訳の仕事を探している人がたくさんいるとわかった場合です。
この場合、あなたに新しいビジネスを行うチャンスが生まれます。
それは、翻訳のクライアントを探すだけではなく、翻訳の仕事を探している人に向けた求人サイトを作るというものです。
このように、自分で翻訳サービスを行う以外にも、ユーザーと翻訳者の中間に入るビジネスを行うなどのキーワードの利用法がありますから、ニッチで将来性のあるキーワードに関する商材を自分で販売出来ないからと行って諦める必要はないのです。

PAGE TOP