HOME -> SEO用語解説 > 商材に将来性がない場合

SEO用語解説 - し

商材に将来性がない場合

将来性のない商材を選んでしまった場合、売り上げが伸び悩むことが考えられます。
商材に将来性がないということは、商品やサービスを提供する側にとって不利なものだからです。
無理に将来性のない商材を売ろうとしたら、ネット広告に大切な資金をつぎ込んだり、商材を値下げするなどして、利益を失うことになりかねません。
では、自分が情熱と経験や資格を持っている起業ジャンルや商材に対して将来性がないと感じた場合は、諦めるしかないのでしょうか。
もし、あなたが選んだ起業ジャンルや商材に将来性が感じられない場合は、ジャンルをずらすことや、絞り込むことを考えてみてください。
自分の強みや経験、資格を活かすことが出来るかもしれません。
たとえば、そろばんを売りたいと考えた場合です。
将来性がないと感じたら、そろばんという商材を少し違ったものに変えたり、絞り込んでみるのです。
そろばんで得た暗算という技術を活かす方法という考え方をすると、そろばんから暗算にジャンルを変え、ぼけ防止に役立つ商材にしてみることが出来るでしょう。
ジャンルをずらすことや絞り込むことを考えることは、将来性のない商材で起業してしまう危険を避けるためにも必要なことです。

PAGE TOP