HOME -> SEO用語解説 > 同一のテーマのページからのリンクが最も効果が出るケース

SEO用語解説 - と

同一のテーマのページからのリンクが最も効果が出るケース

2008年1月23日に大きなヤフーのキーワード検索結果の変動が起こりました。それは同じテーマのページからのリンクがたくさんあるサイトが検索結果が上昇したという現象です。

同じテーマのページからのリンクを集めるのに最も手っとり早いのが大手ポータルサイトのディレクトリーへの登録です。大手ポータルサイトにはgoo、excite、so-netなどの知名度が高いものがありますが、それらはテーマごとにページを作ってそのテーマのサイトをそのテーマのページからリンクするテーマ別リンク集を運営しています。

同一のテーマのページを保有するサイトにリンクの依頼をするという手法の他に考えられる対策は自分で新しいサイトやブログを作ってそれらから、上位表示したいサイトにリンクを張ることが考えられます。言わば「自作自演」方式のリンク収集法ですが、これもSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)対策の上で基本的な手法です。

いうまでも無く外部からのリンクとして検索エンジンロボットに認識してもらうためには必ず別のドメイン名でサイトやブログを作ることです。ドメイン名が違うことによりヤフーのロボットは別人のサイトとして認識してくれてそこからあなたが上位表示を狙うサイトにリンクを張ればそれは外部の他人があなたのサイトを評価してリンクしたという認識になるのです。

PAGE TOP