HOME -> SEO用語解説 > インターネットでは業務市場の方が市場規模が大きい

SEO用語解説 - い

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットでは業務市場の方が市場規模が大きい

btob.png

インターネットでは消費者向けの商品/サービスの市場よりも、業務市場のほうが市場規模が大きいということが各種統計などを見てもわかると思います。


消費者向けの商品/サービスの市場においては購買者は大勢いるので、大量の製品を製造したり注文を処理して配送したりするには、多くの資本投下が必要になってきます。


すでに大手企業や大企業は、ほとんどの分野でほかの中小企業を圧倒する地位を確立しています。そのため、中小企業や起業家には入りづらい市場でもあります。資本力や知名度が最終的に必要になってきます。


たとえば、あなたが何かのめずらしいお取り寄せスイーツをネットショップで販売していると、大企業のマーケッターが「これはいける!」と思って、似たような商品を大々的に宣伝して、あなたのつけた値段よりはるかに安く販売することもできてしまいます。


【関連情報】

インターネットビジネスの最大の特徴

インターネットビジネスを成功させるためには自身も楽しむ

インターネットビジネスは「仕込みの段階」に命を注げ

インターネットの業界でも大企業の独占化が進んでいる


【関連ブログ記事】

ネット販売成功を目指す者にとって手本となる企業:家具通販のロウヤ

極端に単価の高い商材がネットで売れるようになってきている


このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP