HOME -> SEO用語解説 > メーカーの商品を扱う場合

SEO用語解説 - め

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカーの商品を扱う場合

ご自身がサイトで商品を販売する際に、メーカーなどから商品を仕入れて物販をしている場合のの共通の悩みは、「価格を下げて差別化することがしづらい」ということが大きな問題でしょう。メーカー側としては、様々な販売店を抱え、そのなかのどこかが価格を下げて差別化を図ることを通常嫌います。なぜならそれを許してしまうと価格の統制が乱れて、乱売が起こり、ブランドイメージの低下なども懸念されるからです。

さらに、メーカーに無断でむやみに価格を下げると出荷停止処分にあったりすることがよくあります。そのようななかで多くの販売店が、メーカーが価格を下げることを許さないというのはけしからん、フェアーではないと言います。たしかに一理あるとは思いますが、よくよく考えてみると誰かが値下げを始めると他者も値段を下げ始めてしまい、結局は消費者だけがむやみに得をして、販売店は利益率が低下します。結果的に販売店は本来得られた利益を自らの行為によって失うことにもなりかねません。良い意味で考えれば、メーカーは販売店のためにも価格統制をしている可能性もあります。価格に関して不平不満をメーカーに対して言っても仕方がありません。価格以外の部分で他社との差別化を図りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP