HOME -> SEO用語解説 > 関連商品や似たジャンルの商品の整理された、個性的なマーケットを展開する

SEO用語解説 - か

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品や似たジャンルの商品の整理された、個性的なマーケットを展開する

関連商品や似たような種類の商品をランダムに表示したままだと見込み客だけでなくリピーターも困惑してしまいます。どういった種類か、どういった効果があるのか、といったグループ分けをして売り場のオリジナリティを高めることでユーザー、見込み客も商品を選択しやすくなります。

ご自身のサイトを専門店化をする場合、商品アイテム数が2、3品目だけでは専門店と呼べません。専門店というからには競合他社に比べてたくさんの品揃えを追求しなくてはいけません。特にネット販売の売上アップの法則の1つとして、商品アイテム数は多ければ多いほど売上が増える。という説があります。理由は次のことが考えられます。

・商品アイテム数が多ければそれだけ検索にヒットする確率が高まるのでSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)対策になる
・顧客が次に欲しいものがあるのでリピートが起きやすい
・商品アイテム数が多ければ専門店として魅力的に移り、新規客を増やしやすい

すべての商品を仕人れて在庫負担を増やしたくない場合は、せめて商品を受注してから発注する受発注体制を構築するよう工夫してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP