HOME -> SEO用語解説 > 薬事法が絡む商用サイトは競合相手と違う観点で攻める

SEO用語解説 - や

薬事法が絡む商用サイトは競合相手と違う観点で攻める

インターネット市場で、機能主義に大きくとらわれているのは、健康良品や健康機器、サプリメント、美容業界です。「○●の効果がある」とか、「◆◇◆の効能がある」と商品紹介に記載してしまうと、

・Yahoo!ヤフーカテゴリには掲載されない
・状況が悪い場合、監督官庁から警告がくる
・最悪のケースでは逮捕される

という薬事法の問題が常に付きまとう危険性があるのです。しかし、こちらがいくら効果効能があると掲載しようが、他のライバルショップも記載しているようなら競合社同士の差は出てきませんし、彼らも実際は法律上の制限があり、商品の紹介欄に記載することはできないのです。しかし、多くの人達が可能な限り商品の効果効能を記載しようと日々悩んでいます。少しそうした悩みから離脱し、

・御社のショップは、他のネットショップに比べてどんなサービスがあり、明らかな違いは何なのか?一番の武器は何か?

ということを中心にコンテンツを練り直すことも大切でしょう。限られた制限の中でジタバタしても時間ばかりを労費します。

PAGE TOP