HOME -> SEO用語解説 > 商品の価値を出すために比較対象を設置する

SEO用語解説 - し

商品の価値を出すために比較対象を設置する

もしあなたがサイト上で本当に売りたい商品が3万円の商品だとしても、その商品だけをページに掲載するとその商品がはたして高いのか、安いのかユーザー、見込み客はわからないということも考えられます。しかし、3万円の商品だけでなく、その商品を4つにした12万円の4個セット、18万円にした6個セットとして陳列すると「3万円の1つの商品が安く見える」という効果を生み出すことが可能になります。これは見る人に3万円のものを急に割安感があるものに見せるテクニックです。個数のバリエーションだけでなく、品質や機能、アフターサービスの多い少ないによって複数の商品を陳列するのも効果的です。

あなたも御社のサイトに、誰が買うともしれない最高級品をあえて設置し、本当に売りたい本命商品を安く見せるようにしたらどうでしょうか?見込み客はリスクをもっとも嫌うので、これなら買ったとしても懐は痛くはないと思ってくれる可能性が期待できます。

PAGE TOP