HOME -> SEO用語解説 > 常に顧客を思いやるインターネットビジネスの精神で挑む

SEO用語解説 - こ

常に顧客を思いやるインターネットビジネスの精神で挑む

インターネットビジネスを行う上で顧客を「商品を購入してもらうのみの対象」として捉えることはご自身のプラスにはなり辛いでしょう。ご自身の大切な友人と同様に相手を生身の人間、常に日々何らかの不安に怯える現代人としてとらえて、ご自身のスタイルで喜ばせてあげてください。お金を儲けたときも感動するでしょう。しかしそれ以上に相手が喜んでくれたときは、さらに深い感動を覚えるはずです。ご自身がインターネットの世界でより多くの人々に商品やサービスを販売することほど楽しく素敵な事は無いと心から思えるようなスタイルで仕事に挑んでください。ご自身に熱意があればユーザー、見込み客もその熱意を敏感に感じ取り、あなたに目を向けるでしょう。

PAGE TOP