HOME -> SEO用語解説 > キーワード広告の要素

SEO用語解説 - き

キーワード広告の要素

キーワード広告は、キーワード・広告テキスト・リンク先ページの3つの要素で成り立っています。これらの要素をポイントにして、ユーザー、見込み客を意識して細部を詰めていくことが、キーワード広告を運用する重要なポイントになります。

キーワードは、頻繁に検索されるキーワードであれば、広告の表示回数も増加します。キーワードの選び方ひとつで表示回数は大きく変化しますが、必ずしも量が多ければいいというわけではありません。無駄打ちは広告の品質を下げてしまうので、サービスに関心が強いユーザーを狙って広告を出す必要があります。

広告テキストは、ユーザー、見込み客のクリック率にそのまま直結します。キーワードで絞り込んだターゲットユーザーが実際に広告をクリックしてくれるかどうかは、広告テキストの作り方で大きく変化します。最近は動画や画像を含めた広告も作成できるようになってきていますが、基本的にはテキストの広告が検索エンジンやユーザー、見込み客に対して有効でしょう。

リンク先ページは、ユーザー、見込み客の成果達成にそのまま繋がります。これを「コンバージョン」と呼びます。コンバージョンは直訳すると「転換」という意味ですが、キーワード広告の場合では、ユーザーが顧客に転換することを意味します。リンク先ページは、広告を経てたどり着いたユーザー、見込み客がアクションを起こすかどうかに影響します。結果的に最終的にユーザー、見込み客を満足させるかどうかはリンク先ページの内容が全てだと言う事が出来ます。

PAGE TOP