HOME -> SEO用語解説 > コンバージョンツールを使用することで広告を追跡可能になる

SEO用語解説 - こ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンバージョンツールを使用することで広告を追跡可能になる

AdWordsのトラッキングコードは1つ発行されるが、サイト上に複数のゴールがある場合には、それぞれの完了ページに同じトラッキングコードを貼り付けていくことになります。この数に事実上制限はない。もし、1つの広告から来たユーザーが複数のゴールを達成しても、そのすべてをカウントするしくみになっています。AdWordsでは、コンバージョンの期間は30日になっています。つまり、広告をクリックしてから、コンバージョンが発生するまで30日間追跡してくれることになります。ただし、30日の間に別の広告をクリックした場合は、あとにクリックしたほうがコンバージョンの元になった広告として認識されます。

スポンサードサーチの場合でも考え方は同じで、追跡できる期間は45日間です。ここで注意が必要なのは、コンバージョン測定機能をオンに設定した日から数えて45日間でコンバージョンが1件も発生しないと、コンバージョン測定機能が自動的にオフになってしまうので注意が必要です。スポンサードサーチで優れている点は、売り上げ金額をトラッキングコードに設定できることです。ゴールを達成する平均的な金額がわかっていれば、その値を固定で入れれば大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP