HOME -> SEO用語解説 > 広告予算の決め方

SEO用語解説 - こ

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告予算の決め方

bude.png


キーワード広告をはじめる際に、最初に考えなければいけないのが「予算」です。


ここでは、これからキーワード広告費を初めて考える人のために、結論から入ると、最初は「大まか」に決めて、重要なのは、そのあと、実績をもとに柔軟に変化させていくことがポイントです。


一般的な広告予算の決め方は以下のようなものがあります:


(1) 昨年までの売り上げ実績からその何%を広告予算にするという方法

(2) 今後得られる効果の予測値に対して、何%を広告予算にするという方法

(3) 優先すべき予算を先に割り振り、残った過剰分を広告予算として割り当てる方法

(4) 景気の流れに関わらず常に一定の金額を割り当てる方法


キーワード広告を購入する前に気をつけるべきことがいくつかあります:


注意点1:

広告のリンクをクリックした時に検索ユーザーが見るランディングページが作り込まれているか?

→ これは当たり前のことですが、リンク先のランディングページのプレゼンテーションが悪かったり、商品・サービスそのものが市場が要求するレベルに達していない場合はいくら広告費をつぎ込んだとしても良い結果は得られません。特に古くからネットで販売しているところは市場環境が急速に変化することがあるのでこの点に気をつけて下さい。


注意点2:

自然検索からの流入を増やすSEOも実施して一定の成果を上げているか?

広告だけで利益が出るほどネット販売は甘くはありません。広告だけを出すのではなく、同時に効果的なSEOを実施して自然検索からの流入も確保するようにして下さい。


成功企業は必ずキーワード広告とSEOのバランスをしっかりととることを意識しています。

自然検索のSEOで稼いだ利益の一部をキーワード広告に投資するスタンスがベストです。


【関連情報】

【発見!】Googleは広告を広告に見せないようにしてクリック数を増やそうとしている!その理由とは?

リスティング広告 VS 自然検索!どちらが効果があるのか?

【胸が痛くなる相談が増えている】広告依存のサイトは最終的に破綻するはず・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP