HOME -> SEO用語解説 > リピーターの売り上げもキーワード広告の成果に含めて考える

SEO用語解説 - り

リピーターの売り上げもキーワード広告の成果に含めて考える

キーワード広告を運用していくには、広告コストが成果に見合っているか判断する指標が必要になる。これは顧客獲得単価(CPA:Cost Per Acquisition)と呼ばれる数値で表されます。通常は「Acquisition」はユーザーが目的を達成することを表すので、「Acquisition=広告を経由した1回の売り上げ」だと考えがちですが、注意が必要です。広告を経由して訪問してきたユーザーは、1回かぎりの買い物で終わるとは限りません。特に多くのユーザーがリピーターとなってくれるようなショップの場合、2回目以降の購入もキーワード広告の成果として考えるべきでしょう。ユーザーの行動を促すことがキーワード広告の目的なので、「1人」の行動が生み出す売り上げが、キーワード広告で達成する目標の最小単位になります。

PAGE TOP