HOME -> SEO用語解説 > キーワードの種類は検索数で分類される

SEO用語解説 - き

キーワードの種類は検索数で分類される

「キーワード」は、検索される数によっていくつかの種類に分類される。たとえば、楽器を販売しているサイトでは「楽器」のように誰でもすぐ思いつくキーワードがある一方で、「楽器 ピアノ」のようにさらに機種を絞り込んでいるキーワードもあります。また、「楽器 ピアノ 購入」のように検素数は少ないが「ピアノを購入したい」という目的がはっきりしているキーワードもあります。

キーワード広告の世界では、検素数の多いキーワードを「ビッグワード」、中間をを「ミドルワード」、少ないキーワードを「スモールワード」と呼びます。キーワードとなる単語の数で考えると、検素数の多いビッグワードは単語数が少なく、ミドルワード、スモールワードは単語数が多く、ビッグワードとほかの単語を組み合わせたもので構成されます。

PAGE TOP