HOME -> SEO用語解説 > 部分一致の拡張で可能性をさらに広げる

SEO用語解説 - ふ

部分一致の拡張で可能性をさらに広げる

部分一致でキーワードを設定すると、登録したキーワードとまったく同じでなくても、類義語や表記違いのキーワードもマッチするようになります。AdWordsとスポンサードサーチではその範囲が微妙に異なりますが、どちらもユーザーのキーワードを自動的に補完してくれるので、取りこぼしを減少させることが可能です。AdWordsでは、Googleグーグルに蓄えられたデータをもとに、類義語や同義語などが自動的にカバーされます。これを部分一致の拡張と呼びます。

スポンサードサーチではこの機能は「マッチドライバー」という機能で標準装備しており、完全―致にも対応しています。また、まれに設定している広告テキストの中に含まれ
ているキーワードに対応する広告が表示される場合もあります。部分一致の拡張のアルゴリズムは公開されていませんが、親和性が高いと判断されれば表示されるようです。

PAGE TOP