HOME -> SEO用語解説 > オーガニックと連携することで画面の占有率を上げる

SEO用語解説 - お

オーガニックと連携することで画面の占有率を上げる

オーガニックで上位表示されているキーワードは、さらに広告を掲載する必要性はあまり無いでしょう。しかし、予算に余裕があり、扱うキーワードがご自身ににとって非常に重要なキーワードの場合、SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)が成功しているキーワードにもキーワード広告を出すという戦略も有効な場合があります。

検索結果の画面の1ページめにオーガニックの検索結果とキーワード広告が同時に表示させることが出来た場合、相乗効果でキーワード広告のクリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)が高まり、その企業への信頼感も増します。オーガニックとキーワード広告の両方を押さえると、検索結果の画面全体の約1/5をご自身の情報が占めることになります。このようにオーガニックで上位に表示されている場合はオーガニックでなかなか訴求できていないポイントをキーワード広告で補完すると考えましょう。

PAGE TOP